top of page
グレイッシュアクアマリンと淡水パールのロングネックレス ②

グレイッシュアクアマリンと淡水パールのロングネックレス ②

華やかさとはひと味異なる

静かな趣きを表現

 

少しずつ時間をかけて巡り巡ってきたものは本当に個性豊かで、愛おしいものばかり。今回はグレイッシュなアクアマリンに歪な形が魅力の淡水パール、今ではもう入手できないであろう、きりっとした色彩のオーストリアンビーズを選びました。

 

まるで自然の悪戯のような一瞬の奇跡から生まれる表情を持った石たちを蒐集(しゅうしゅう)して。このネックレスには強く輝くものは入れずに、静かにそっと寄り添ってくれるような…ささやかなものを入れたいと思い、一粒一粒繋げていきました。

 

曖昧なニュアンスを帯びながら、さまざまな明度と温度で寄り添う…しなやかで自由な色。溌剌(はつらつ)と自由な珠は、淡水パール。かつてパールたちがいた豊かな湖のゆらめきそのもの。

 

すべては自然のおもむくまま。養殖のない古代の人たちの方は、偶然拾った貝から現れた光のかたまりは、一粒一粒が奇跡だったでしょう。過ごした時間の美しさを映し出している。自由で繊細で自然体、それこそがパールの魅力です。

 

どこか切なくどこか優しく…神秘的なブルーグレー。

夜闇と出逢ってしまった月の蒼い光のように孤高の美しさを放ちます。

 

ジャン=フランソワ・ミレー「種をまく人」

まいた種が大地に根をはり、豊かに実ることを予感させるような作品。足を踏み出す男性の姿もとても躍動的で、画家の息遣いと時代の息吹が響き合う彩りの美しさを探りながら…

 

手作りの歪さは、それにしか生み出せない独特の揺らめきが存在する気がします。美しき石たちの揺らめき…それは不規則だからこそ魅力的に見えるのだと思います。

 

春の風が土の匂いや芽吹きの香りを運び、可憐な野の花も花木も一斉に芽吹いていく。光や風の肌触りは目に見えずとも、身体の奥へと溶け込んできます。春から初夏にかけては特に、五感をめいっぱい使って歓びたくなる季節です。

 

聞こえてくる香りに呼び覚まされるのは、私たち日本人の中に眠れる美の根源でしょうか。この色と質感を肌に乗せた時、五感のなかの何かに触れる感覚を覚えたなら...身に着ける人の佇まいに、新たな魅力が生まれる予感がします。

 

アクアマリンは「寛容でありたい」「安らぎを感じ、安らぎを与えたい」「濁りのないエネルギー状態にしたい」という方におすすめの石です。

 

絵の具のような"青"に、アンティークなスパイスを添えて…。コスモオーラは金属成分をメッキに近い工法で水晶表面にコーティングすることで美しい発色が生まれるオーラ系水晶です。

 

哀しみの蒼ではなく、命にさえ恵みの力を授けてくれる

ような美しいnecklaceをあなただけに…

    ¥4,500 Regular Price
    ¥4,050Sale Price
    bottom of page