top of page
黄昏色の林檎

黄昏色の林檎

コロンと愛らしい金箔入りの林檎。少しずつ目覚めゆく春を愛しみながら、瑞々しさを纏ったものに心惹かれました。

 

桜・梅・桃・苺・林檎・梨・枇杷…これら全てバラ科。林檎の花が一面に咲く果樹園の光景が、黄昏色の林檎の物語となり膨らむイマジネーション…

 

◎フルーツは「物事が実るエネルギー」が含まれており、その中でもりんごの置物は「お金がたまる林檎」として財運を呼び込むと言われています。

 

西に黄色のものを置くと、金運が上がるといわれています。兌宮(だきゅう)は九星気学で「西」を示し、金運をつかさどる方向とされています。

 

西の兌宮(だきゅう)

西は方位盤で秋を示すことから秋の実り「収穫」を意味し、人生において喜びを重視する星となります。風水で金は富や繁栄、成功といったポジティブな意味を持っています。

 

入ってきたお金をしっかり貯めることに効果があるのだそう…また、お金だけでなく「社会的な成功」という意味も持っており、色々な意味での豊かさを表しているのですね。

 

西側を美しく清め、そこに金色や黄色のものを置くことで、金運アップにつながるという考え方が生まれたようです。

 

触れた手を包み込むような光輝。

その優しい輝きは身体を伝って

心にまで届いて行く。

 

持ち主様の心も静かに支えてくれる。きっとその本人も気が付かないくらい、ささやかに何気なく。摩耗なら温かさへと、傷痕なら優しさへと…あらゆる物をぬくもりへと誘う黄昏色の林檎。

 

どんな背景にもこっくりと馴染んでしまう不思議な黄金色。キリスト教で 林檎は「良き訪れ、知らせ」を象徴しているそう。 皆さんに沢山の幸せが訪れますように…♡

  • 素材やサイズについて

    ・素材:ガラス、金箔、銅、オイル、ジルコニアストーン
    ・サイズ:約8×8×9.5cm、約262g

  • 注文品

    こちらはご注文をお受けしてから、入荷となりますのでお届けは一週間から二週間となります。

¥4,500 通常価格
¥3,600セール価格
bottom of page